ケダモノのいいなりの第1話 放課後のお仕事…

第1話 放課後のお仕事…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

講義でクラスメイトと会話するブロンドの派手めな奥様澤北、俗称「ビチ子」は今日も帯同を片時も離さない。
メルアドが行き着くとすぐにダイアログを確認し、講義を後にした。
そのフィーリングを見てウワサ談話が好きな人たちが談話をし始める。

 

奥さん「あのコ…放課後に売春やってるらしーよ」

 

それは虚偽偽りない真理。
先ほどのメールでダディ便所へと向かったビチ子はファンのような様相をした小太りなメガネダディからの委任を読み上げる。

 

ビチ子「フェラとパイズリ…後面構え射と…ゲームな。30当たり1万4千円。イケなくても現金は貰うからな」

 

信者「フヒヒ…そんなチャーミング人で卒業できるお」

 

ハァハァと興奮する父親教え子を目の前にして違和感でいっぱいに繋がるビチ子。

 

ビチ子『クソーなんだよ。今日の知人めちゃくちゃキモいぞ』

 

気分でそう思いながら、シャツのハイパーリンクを外し胸をあらわにやる。
どんなに嫌でも動き出しなきゃ終わらない。

 

無職「強い…本当にでっかいお」

 

ビチ子「ちょ…ちょっとだけなら触って素晴らしいぞ」

 

初めての生乳に喜びからか、仕方の震えが止まらないコンディションのダディ教え子。
ブルブルと震える手で胸を鷲掴みにし強く揉みしだく。

 

オタク「やわらかいお…」

 

ビチ子はしゃがみ、チュパチュパと音響を立てながらガサガサに勃起したちんぽにしゃぶりついた。

 

ビチ子『うう…筋違い固いし…本当にこんなのハメられるのかよ…』

 

無職「こうした明るいコが私のちんぽを…」

 

ビチ子『クサいちんぽしゃぶらせながらチャーミングとか言ってんじゃねーよキモオタが…』

 

心の中ではそう想うものの、こういう届け出をやりこなすことによって1万4千円が手に入る。
ハイスクールにとっての1万4千円は大枚です。
それを支払う父親生徒が無残だから怠惰はとめる。

 

しゃぶった後はパイズリをする。
男の子学徒は、はじめてのフェラに引き続きはじめてのパイズリにたまらない容貌です。

 

ビチ子「あッテメーせっかくパイズリしてやってんのになにまぶたつぶってんだよ!!」

 

マニア「で…でも照れくさいお」

 

ビチ子「ふざけんな!こちらだって後ろめたいんだぞ」

 

悪態をつきながら、精一杯奉仕する。
頭で挟みながら先っぽに吸い付くと、父親学徒は限界に達したようだ。

 

ニート「なるほど…もうダメだお!」

 

ビチ子「んぶッ…ちょッ…ま、待って!」

 

静止の感想も間に合わずそのまま面持ちにぶっかけられてしまった。
大量の精子は面持だけじゃなくヘアや制服にまで加わり、後処理のことを考えるとうんざりやる。

 

ビチ子「クソッ取り出しすぎなんだよ!制服かかっちゃっただろ」

 

信者「はひ…凄いお…澤北ちゃんの面構えが俺のザーメンまみれ…」

 

ビチ子「騒々しい!勝手に名前叫ぶな!!」

 

面持射のあとはゲームです。
一回イッたにも関わらずごわごわのままのちんぽをおまんこへ挿入し、裏手の体位で腰を打ち付けられる度に牛乳が揺らめく。
悪態をついていてもやっぱり気持ちいいものはすがすがしい。

 

ビチ子「ううッ?あッ?ひッ?」

 

低く喘ぎながら分厚いちんぽをおまんこで盲信した。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後