ケダモノのいいなりの第2話 同級生に輪姦されて

第2話 同級生に輪姦されて

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

激しく腰を打ち付け、ちんぽを出し入れやるサウンドが響く男の子便所。
今日もビチ子は男児生徒に体を売っていた。

 

ビチ子「ちょッ…もっとゆっくり!」

 

気違い「うう…も、もうイクお!!」

 

あまりの激しさに動きを弱めるみたいお願いするものの、興奮しきったダディー生徒は止められない。
ビチ子の言い回しは男性塾生の耳には届かず、そのまま中で出されてしまった。

 

ニート「澤北ちゃんに童貞奪ってもらって本当に良かっ…」

 

ビチ子「わかったわかった。さっさと消えろよ」

 

給与を受け取った手が震え、それと同時に同級生たちの言語が胸中でこだまやる。

 

「誰でもヤところせてくれるところそーぜ」
「自分もヌいてもらおうかな」
「えーほんとのビッチじゃん」
「だからビチ子とか呼ばれてんだ」
「キモオタあちらでも平気で身体並べるんだって」
「そんなに代価欲しーのかな」
「近づいたら妊娠しそー」

 

やり切れない、歯がゆい…
もはやどんな心地かすらわからない。
後処理をしながらスマホを確認すると、今度は体育館倉庫へのテレホンがかかった。
行きたくないけど行かなきゃ。

 

ビチ子を呼び出したのは、とある不備等級。
受け取った原資を数えながら悪気無く楽しそうに喋っている。

 

男大学生「ビチ子おつかれー今日もノルマ達成してるじゃん」

 

そう言われた本人はその欠落男にパイズリしながらフェラチオを講じる。

 

不良男児「じゃ…ビチ子輪姦すか」

 

ビチ子「ご…ゴムは…?」

 

不良男性「うるせーな。いつも外部に出してやってるだろ」

 

心配するビチ子に雑にリアクションし雑に挿入する。

 

不良夫「はははカネ稼いでくれるしザーメン処理してくれるし秀逸わこういう奥様」

 

先ほどファンとセックスしたばかりだが、そんなのお構いなしに腰を打ち付けられ喉元にちんぽを突っ込まれてもても大人しく従うビチ子。

 

ビチ子『こんな事さえなければ…』

 

その心の中では1年齢前のある出来事を思い出していた。

 

年間前のビチ子は黒髪を下の方で2つ総括にした大人しそうな女性だった。
「放課後、先生から体育館倉庫に通話があった」とラインが来たので通うもガラガラことに問い合わせを保ち、再度ラインを確認していた時間。
背後から数人の父親大学生がビチ子を羽交い締めにした。
制服のシャツのリンクは引きちぎられ肌着があらわになる。

 

ビチ子「いやっなに始めるのッ!!」

 

欠落男性「レイプですよー」

 

不十分ダディ2「やっぱオッパイでけーぞこれ」

 

欠落父親3「パンツ脱がせパンツ」

 

あの状態、体育館倉庫に呼び出されたビチ子は同級生の欠損集団に輪姦され処女を失った。
泣き叫び哀願しても連中は何度も膣仲間射精を増やす。

 

不完全男性「今日のメモ最大限画像撮ったから爆笑会社図るなよ」

 

ビチ子のあられも無い格好は画像やビデオテープに収められ、このことを誰かに言えばこれをばらまくと脅された。
さらにその日から連中の輪姦だけではなく売春もさせられている。
輪姦も売春もしたくてしてるわけじゃない。
でも誰にも言えないのだ。
こういう恐怖を理解してもらおうなんて思ってない。

 

ビチ子はひとりぼっちです。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後